お問い合わせ

あなたの料理教室に、ひと味加えてみませんか?

調理法だけではない。「味覚」の視点をあなたの教室に。

全国にある料理教室の数は、ローカルサーチサイトに登録されている教室だけでも1,200以上。
「婚活」や「夜活」ブームの台頭による市場の拡大と共に、競争はこれからさらに激化することが予想
されます。 激しい競争を勝ち抜くには、他の料理教室には無い特色が不可欠です。
とは言っても、レシピや調理法の工夫だけではなかなか・・・。
そこで、今急速に注目を集めつつある全く新しい視点、「味覚」をあなたの教室に加えてみませんか?
味覚はきっとあなたの教室経営の武器になります。

@

味覚カウンセラー資格を取得すると、たくさんのメリットが得られます。

味覚カウンセラー画像

味覚カウンセラー協会の公認教室として認定されます。

公認教室は、「味覚カウンセラー協会公認教室」の名称、味覚カウンセラー協
会ロゴの使用が可能
です。第3者の公認を得ることで、教室の信頼性が一
気にアップ
します。

多くの広告機会が提供されます。

当協会のサイト、機関誌、各自治体向けのプレスリリース等で皆さまの教室
を紹介
させて頂きます。たくさんの方の目に触れることで、集客力の向上
が期待できます。

味覚カウンセラー講座を開講できます。

既存の料理講座に加え、味覚カウンセラー講座を新たに開講できます。教材、
カリキュラムは当協会から提供
し、受講された生徒様には味覚カウンセラー
資格の認定証も授与
します。 料理講座のみにとらわれない幅広い講座を提供
することで、より魅力的な教室となること間違い無しです。

@

なぜ、今、味覚カウンセラーなの?

味覚の健康は、身体の健康に直結します。

今日の日本では、偏った食生活や精神的なストレスにより、食べ物の味を正しく認識出来なくなる味覚障害を訴える方が増えて
います。
味覚障害の患者数は毎年24万人(※)との調査結果もあり、1990年の14万人(※)と比較してもその数は増え続けている事が分
かります。
味覚障害は食事をおいしく頂く事が出来なくなるだけではなく、様々な病気の引き金にもなります。
あまり知られていませんが、人の満腹度を左右するのはカロリーよりも味覚の刺激と言われています。 味覚が鈍化すると、満腹
感をなかなか得られないために、より多量の食べ物や濃い味の食べ物を求めてしまいがちです。それが肥満へつながり、最終的
には高血圧糖尿病といった病気を引き起こすのです。
健康な毎日を送る上でも味覚は非常に重要なのです。

味覚の健康

食品ビジネスにおいて、味覚が大きな注目を集めています。

技術の進歩により、近年、味の見える化が実現しつつあります。
「甘味」、「塩味」、「酸味」、「苦味」、「旨味」といった基本5味を数値化し、人が美味しいと感じる味のバランスを把握できるのです。
この技術は食品ビジネスの場において既に活用され始めており、着実な効果を積み上げています。
近い将来、一般家庭の食卓においても、味覚は大きな注目を集めるはずです。

味の見える化によって、料理同士の相性や味の経時変化がわかるようになりました。味覚の視点が広く浸透すれば、献立の立て方や味付けの仕方も大きく変わるかもしれませんね。

「味博士」鈴木隆一氏

AISSY株式会社代表
慶應義塾大学共同研究員
http://aissy.co.jp/ajihakase
著書に『日本人の味覚は世界一』、『「味覚力」を鍛えれば病気にならない』

味覚研究の領域では、近年、少量加えるだけで、十分な甘味や塩味を感じることができるような味物質の開発が試みられています。おいしくて健康的な食事が簡単に実現できる日も、近そうですね。

日下部裕子氏

(独)農研機構食品総合研究所
食認知科学ユニット ユニット長

@

お問い合わせ

* は入力必須項目です。

© Taste Counselors Association All Rights Reserved